おすすめグルメ

道後温泉旅行記① ~おすすめの観光スポット篇~

どーも、りんご🍏 (@ringo_sawagi) です。

ゴールデンウィークに1泊2日で道後温泉に遊びに行ってきました!

なぜ道後温泉にしたかというと、千と千尋の神隠しのモデルと噂される道後温泉本館を見たかったからです♪

この油屋ですね☟

「道後温泉って何があるの?」
「おすすめのグルメってなに?」

そんなギモンに答えるために、
この記事では道後温泉のおすすめ観光スポットを書いていきます!

美味しいグルメが知りたい方は、道後温泉グルメ篇をどうぞ。

道後温泉のおすすめ観光ルート

まずは坊ちゃん列車をパシャリ!

道後温泉駅につくと、坊ちゃん列車がおでむかえしてくれます♪

f:id:shinya-no-ringosawagi:20180504205533j:plain

夏目漱石が小説の中で
「列車の中に入ると、まるでマッチ箱のようだ」と表現したように、ほんとこじんまりとしててかわいい。

これ飾りで置いてあるだけだと思ったら、なんと実際に動くんです!!

動くと思ってなかったから、かなりビックリ!笑

しかも、乗車も可能(大人800円)
松山市駅行き/JR松山駅・古町行きがあるそうです。

満席の時間帯もあったので、乗りたい方は早めにチェックしましょう~。

スタバ電車も見れた~!らっきー♪


f:id:shinya-no-ringosawagi:20180504210352j:plain

カラクリ時計を見ながら、のんびり足湯

ハイカラ通りに入る前に、カラクリ時計もチェックしときましょう。

8時~22時までの毎時00分ぴったりに、坊ちゃんショーがはじまります!

ちょうど運よくショーがはじまる時間に立ち会えました。

人形がちっこくてかわいい~♡

f:id:shinya-no-ringosawagi:20180504210419j:plain

隣には足湯もあるので、のんびり足湯に入りながらショーを見るのもいいですね。

レトロなハイカラ通りで、ノスタルジックな雰囲気にひたろう

f:id:shinya-no-ringosawagi:20180504214539j:plain

ハイカラ通りをのんびりお散歩すると、何だか昔にトリップしたような気分になれます。

とあるお店からレトロなジャズが流れてきたとき、亡くなった祖父にそっくりのおじいちゃんが前を通ってドキっとしました!笑

天井からつるされてるのは道後オンセンアートの一つ、梅佳代さんの写真です。

タイトルは「坊ちゃんたち」

dogoonsenartさん(@dogoonsenart)がシェアした投稿


(道後オンセンアート2018公式Instagramより)

これもまた、ノスタルジックな雰囲気の素敵な写真なんですよー!!
この写真にうつってるのは、道後中学校の野球部男子生徒の方なんだそう。

遠い学生の頃の夏休みを思い出して、エモいきもちになります。

青春っていいなぁ・・・

ハイカラ通りはとってもコンパクトなので、のんびり歩いても20分かからず回れます。

ハイカラ通りで食べられるグルメはこちらから。

道後温泉本館は、夜がおすすめ!

そして、いざ道後温泉本館!

昼間もいいけど☟

f:id:shinya-no-ringosawagi:20180504222558j:plain

やっぱり夜、ライトアップされてる方が雰囲気が出ます!

f:id:shinya-no-ringosawagi:20180504222624j:plain

うーん、キレイ!
確かに千と千尋の油屋に似てる!

道後オンセンアートの一つで、蜷川実花さんとコラボしています。

f:id:shinya-no-ringosawagi:20180504222840j:plain

カラフルな色合いが映えます!

f:id:shinya-no-ringosawagi:20180504223358j:plain

道後温泉本館のお風呂は、パッと入るのがおすすめ

道後温泉本館は外から見るだけでなく、実際に温泉に入ることも出来ます。

お風呂だけなら大人410円、2階で休憩もする場合は840円~になります。

やはり 一番の目玉スポットなので、お風呂場も常に混み合ってました。

洗い場は満席で、ちょっとだけ待ちました

お風呂の大きさもそんなに大きくないので、のんびりくつろげるーっという感じではなかったかな?

本館のお風呂はパッと入って雰囲気を楽しんで、お宿の温泉でゆっくり入るのがおすすめです♪

わたしは「花ゆづき」に泊まりました。露天風呂もあってのんびり入れましたよ~

道後オンセンアートを見つけるのも楽しい

作品によって時期は変わってきますが、
道後オンセンアートは【2017年9月2日(土)~2019年2月28日(木)】までやってます!

常設もふくめて、作品は約20個ほど設置。

何も気にせず歩いてるとけっこう見逃すので、この看板を目印にしてください!

f:id:shinya-no-ringosawagi:20180504224801j:plain

三沢厚彦さんの作品『Animal 2017-01-B2(クマ)』
f:id:shinya-no-ringosawagi:20180504225553j:plain

夜に見るとちょっとこわい・・笑

家帰ってからちゃんと調べたら、宇野さんの「恋愛辞典」という作品が超ちょうちょう見たかった・・・。(私のアホ!)

こちらです☟

dogoonsenartさん(@dogoonsenart)がシェアした投稿


(道後オンセンアート公式Instagramより)

みなさんは前もって調べて、観たい作品を見逃さないようにしてくださいね(反省)

参考☞道後オンセンアート2018公式サイト

まとめ|道後温泉は日常を忘れてのんびりすごすところ

道後温泉はとってもコンパクトなまちです。
だから途中で「あれ、もうやることないかも?」となると思います笑

でも、のんびり気のすむまで温泉入ったり、ハイカラ通りをぷらぷら歩く時間ってすごい贅沢だなぁって思いました。

何にも追われてなくて、すごい心が自由な感じ!

ノスタルジックで情緒たっぷりな雰囲気なので、日常の忙しさも忘れられます。

みなさんもぜひ、道後温泉で「何もしない」贅沢な時間をすごしに行ってみてください(^_^)

以上ここまで読んでいただきありがとうございました♪