国内旅行

【旅行記】瀬戸内海の豊島を半日で遊びつくす方法!美術館のおすすめルートを紹介

旅行大好きブロガーのうてにょんです。

先日、瀬戸内海の豊島に遊びに行って来ました。

 
わたしが瀬戸内海の島に興味をもったのは、西加奈子さんの本『うつくしい人』を読んだのがきっかけ。

モヤモヤを抱えた女性がひとりで小豆島を旅するお話しなんだけど、主人公への共感度がハンパない。 大好きすぎてもう5回くらい読み直してる。

created by Rinker
幻冬舎
¥535
(2019/08/24 05:30:13時点 Amazon調べ-詳細)

それから小豆島・直島・豊島に旅行に行って、まんまと(?)瀬戸内海の島のトリコに。

今回は特におすすめの島【豊島(てしま)】について紹介します!

瀬戸内海でおすすめの島【豊島(てしま)】ってこんなところ

f:id:shinya-no-ringosawagi:20171128215103j:image:w400

岡山県と香川県の間にある、瀬戸内海にかこまれた美しい島。

豊島美術館が有名ですが、他にもアート作品がたくさんあります。

猫もいっぱいいる。かわゆいのう。
f:id:shinya-no-ringosawagi:20171128215621j:image:w400

海も山も空もすべてが澄んでいて、なんというか押しつけがましくない。濃度が濃すぎなくて、とっても居心地がよい島です。
 

豊島への行き方

豊島へは、岡山県か香川県か小豆島から船で入ります。

島への入り口は『唐櫃港(からとこう)』と『家浦港』の2つ。

これはどっちで降りてもオッケー。わたしは今回小豆島から船に乗って、唐櫃港で降りました。

船の時刻表や、各港からの詳しい行き方はコチラから。
 

POINT

船は天候などで、当日欠航や時間が変更になることも。時間に余裕を持って港に行っておきましょう! わたしが行った日も、エンジントラブルで一部の船が欠航してました。

 

豊島内の移動方法は自転車がおすすめ!

レンタサイクル・レンタルバイク・レンタカー・バスなどがあるけど、電動自転車がぜったいおすすめ!

 

小回りきいた方がいいかなーと思って、今回は電動自転車を借りたけど正解でした。

港から降りてすぐのところにあったレンタル屋さんでふらっと借りたのですが、特に予約とかしてなくても大丈夫でしたよー。

島の中にはけっこうな山道があって普通の自転車だと登るのがキツイので、電動自転車がおすすめ。

 

特に豊島美術館に行くまでの道はけっこうパワーが必要なので、ちょっと高いけど電動にしておきましょう。

 

スーツケースなどの大きな荷物はどうしたらいいの?

港にはコインロッカーがありますが、わたしは自転車レンタル屋さんに荷物を預けました。

これが大正解!

というのも帰りは家浦港から帰る予定だったので、唐櫃港のコインロッカーにスーツケースを入れるとせっかく山を越えて行ったのにまた戻ってこないといけないんですね。

自転車レンタル屋さんなら、たったの300円で荷物預かり&家浦港まで運んでくれるというサービス付き!
 
帰りの船の便の時間を伝えたら、それに合わせて荷物を持ってきてくれるという神サービスです。

POINT

行きと帰りが同じ港の人はスーツケースはコインロッカーでもOK。違う港になる人は、自転車レンタル屋さんの預かりサービスが絶対おすすめ!

 

アートを浴びる!半日で回る豊島おすすめの観光ルート

今回は唐櫃港から家浦港へ向かうルートを書いていきます。家浦港から入られた方は、逆からたどってください~。

ちなみに、わたしは9時に島に入りました!

行き方:唐櫃港から家浦港
滞在時間:9時〜14時

おすすめの観光ルート↓

  1. 心臓音のアーカイブ
  2. 豊島美術館
  3. あなたの最初の色
  4. 豊島シーウォールハウス
  5. いちご家さんで休憩
  6. あなたが愛するものは、あなたを泣かせもする
  7. 豊島横尾館

唐櫃港から自転車で10分。まずは『心臓音のアーカイブ』へ

唐櫃港からのーんびりチャリをこいでいくと、途中にはバスケットゴールがあります。

f:id:shinya-no-ringosawagi:20171203180506j:image:w400

ちなみにこちらもアート作品!『勝者はいない』というタイトルです。
ここでバスケしたり、鉄棒で遊んだり・・・童心にかえれます。笑

寄り道しつつ向かっていくと、海が見えてきます。

f:id:shinya-no-ringosawagi:20171202173808j:image:w400

心臓音のアーカイブは10時OPENなので、海辺で遊びながら開館するのを待ってました。 しかし、この海ほんと美しいです。

島の人に聞いたんですが、外国人の方はこの瀬戸内の海をすごく気にいってくれるそう。
 
「僕たちにとって海とは敵国との境界線であったりして、見ていて穏やかになるものではない。でも、この瀬戸内の海は争いを感じない。見ていてとても穏やかな気持ちになる」
 
そんな風におっしゃったそうです。ふむ、たしかに穏やかな海だ。。。

f:id:shinya-no-ringosawagi:20171203203610j:image:w400

いざ心臓音のアーカイブへ。所要時間や感想は?

 

『心臓音のアーカイブ』

  • 営業時間:10-17時(※時期によって変動あり)
  • 入場料:510円
  • 所要時間:15分くらい

 
一番乗りで入ることが出来ました!ここはその名の通り、色んな人の心臓の音を聴けるところなんです。

正直な話、わたしはちょっとこわくなってしまい15分くらいで出ました。

なんというか心臓の音を聴いてると、いやがおうでも「生と死」を意識する。こうやって1回1回心臓の音が鳴るたびに、死に向かってるんだな・・・なんて思っちゃったり。

ちなみに、ここでは別途料金(1540円)を払えば、じぶんの心臓音も録音できちゃいます。

 

有名人のビート武さんや松任谷由実さんの心臓音も録音されていて、それも聴くことができます。

ビート武さんの心臓音すっごいカッコよかった!ほんとカッコよかった!(大事なことなので2回言いました。)ぜひ聴いてみてください。

あー今ブログ書きながら、じぶんの心臓音録音してくれば良かった・・とちょっぴり後悔。今度行った時は、生きた証を残してこよう。

お次は、一番楽しみにしていた『豊島美術館』へ!

豊島美術館は何時間でもいたくなる素敵なところ

f:id:shinya-no-ringosawagi:20171202181140j:image:w400

『豊島美術館』

  • 開閉時間:10-17時(※時期によって変動あり)
  • 入場料:1540円
  • 所要時間:1時間30分くらい

 
心臓音のアーカイブから、豊島美術館へは自転車で15分くらい。

「けっこう山道だよ」って島のおじちゃんに言われてたんですけど、電動チャリなら何とか大丈夫でした。ふつうのチャリだと結構しんどいと思います。

山道を登った先から見える、棚田もうつくしい。
f:id:shinya-no-ringosawagi:20171202181626j:image:w400

豊島美術館は混雑するから、朝早めに行くのがおすすめ!

豊島美術館は人数制限があって、多くの人を一気に中に入れないようにしてます。わたしは10時30分くらいに着いたのですが、やはり他のところよりは混雑しており中に入るのに20分くらい待ちました。

豊島美術館の感想は?

いざ中に入ると「一見どこに作品があるんだろう?」というくらい白い空間が広がってます。
 

でも、足元に目をやると水がまるで生き物のように静かにそこに”居る”んです。

ここほんと評判通り、すんごい良かった。。。
 

わずかに地面が傾いているので、水がすーーっと流れていく様は思わず目で追ってしまう。

なんか小学生の頃、アリの列を見ていた感覚をふと思い出しました。天気や風によってどんどん作品が変化していくので、ぼーっと観てたらいつの間にか45分くらい経ってました。
 
こんなに長い時間、美術館に居れたのは正直はじめての体験です

あまりにも良すぎて、帰りのカフェでポストカード買っちゃった。笑
f:id:shinya-no-ringosawagi:20171203221158j:image:w400

じっくり観るか、サラっと観るかで滞在時間は変わってくるかとおもいますが、並ぶ時間含め1時間半くらいみておけば充分楽しめるかと!

お次は『あなたの最初の色(私の頭の中の解-私の胃の中の溶液)』

『あなたの最初の色』

  • 開閉時間:10:30-16:30 (※時期によって変動あり)
  • 入場料:300円
  • 所要時間: 10分くらい

ここでは映像作品が観られます。しかもココ写真撮影OKなんです!

 

受付のお姉さんが色々作品について教えてくれました。地面に接写するくらいの位置でカメラを回して撮れた映像なんですって。角度を変えると世界はこんなにもキレイなんだなー。

f:id:shinya-no-ringosawagi:20171202184754j:image:w400

まだまだ行くぞ!お次は、『豊島シーウォールハウス』へ

『豊島シーウォールハウス』

  • 開閉時間:9:30-16:30(※時期によって変動あり)
  • 入場料:300円
  • 所要時間:10分くらい

 

『あなたの最初の色』からチャリで10分くらい。下り坂なのでスイスイ行けます。

この作品は今は使われてない民家で、独特な映像とサウンドを楽しめます。この日はすごい風で家全体がガタガタ言ってて、それすらも音楽みたいだなーって思いました。笑

休憩はいちご家さんで。美味しいスイーツに小腹も満たされる

そろそろお腹が空いてきたころ。いちご家さんでは、ソフトクリームやクレープなどイチゴにまつわるスイーツを食べることができちゃいます!

イチゴのクレープ♡おいしかった~♡
f:id:shinya-no-ringosawagi:20171202185422j:image:w400

わたし達は14時の船で島を出る予定だったので、お昼ご飯の時間は省きましたが『島キッチン』とか『海が見えるレストラン』でお昼を食べるのも良いかも!

インスタ映え抜群!『あなたが愛するものは、あなたを泣かせもする』

 

『あなたが愛するものは、あなたを泣かせもする』

  • 開閉時間:10:30-16:30(※時期によって変動あり)
  • 入場料:300円
  • 所要時間:10分くらい

 

ここはカフェとして利用することも出来るんだけど、そろそろ時間がなくなってきたので、サクッと写真だけ撮りました。(次はもっとゆっくり来たい。。)

f:id:shinya-no-ringosawagi:20171203184848j:image:w400

ラストは、ゾクゾクする世界観『豊島横尾館』へ

f:id:shinya-no-ringosawagi:20171202192220j:image:w400

『豊島横尾館』

  • 開閉時間:10時-17時 (※時期によって変動あり)
  • 入場料:510円
  • 所要時間:20分くらい

ここもすっごい楽しみにしてました!入り口が真っ赤。わくわくゾクゾク。
f:id:shinya-no-ringosawagi:20171203184819j:image:w400

中庭を歩いて、奥の母屋へ行きます。中庭には赤い石があったり、池の下に青や黄色のタイルが貼ってあったり、金色の亀がいたりとってもカラフル。だけどちょっと寒々しい。

「あぁ、ここは三途の川なのかもな・・・」って思いました。この川を渡って「死」の世界を体験していくということ。

 

母屋に置いてある画は、ブラックでシュールな感じでした。個人的に春画がツボった!おもしろいですよー。変なところに小さいおじさんがいるんです。ぜひジブンの目で見てください。

母屋を出たら次はトイレ!このトイレ、アート作品でありながら実際に使用もできちゃうんです。「こんなトイレ見たことないわ!」って感じでおもしろい。そして、とっても落ち着かないトイレです。笑

ラストの塔は「ひやっ!」てさせられます。どこまでも”落ちていく”感覚を味わえます。まさに滝から落ちていくよう。
 

言葉でいくら語っても語り尽くせないなー!ぜひジブンの目で恐怖を味わってきてください。ダークでシュールな世界観が好きな人は、絶対ハマると思う!

たっぷり遊んで、14時すぎの船で島を出ました!

半日でも十分楽しめる豊島!じっくり観たい派の人は宿泊がおすすめ

今回豊島にいたのは半日でしたが、それでも十分楽しめました!アート作品も合計7コ観れて大満足。

次行くなら檸檬ホテルに泊まって、豊島美術館に気がすむまでいて今回観られなかった作品を鑑賞したいなー。

豊島ほんと素敵な島です。直島も有名だけど、豊島だって超イイ!アート作品はもちろんだけど、わたしは島から見える景色がすごい美しいと思いました。

f:id:shinya-no-ringosawagi:20171203214807j:image:w400

あーーーまた行きたいっ!!!!会社行きたくないぃい!

おわりっ🍏